Kotlin、Androidアプリの開発言語として公式に採用

2017年5月19日 08:10

印刷

記事提供元:スラド

 チェコJetBrainsが開発を主導するオープンソースのプログラミング言語「Kotlin」が、Androidアプリ開発の「第一級言語」になることが発表された(TechCrunchJetBrainsのブログ)。

 Kotlinは2011年に発表され、2012年にオープンソース化されたプログラミング言語。静的型やJavaとの互換性が特徴で、Java仮想マシン(JVM)上で動作する(OSDN Magazine)。

 まず、Android Studio 3.0ではデフォルトでKotlinが利用できるようになるという。いっぽうでJavaを完全に置き換えるわけではなく、今後もJavaやC++でのアプリ開発はサポートされるとのこと。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Google | Java | IT | Android

 関連ストーリー:
週末に人気のあるプログラミング言語(StackOverflow調べ) 2017年02月09日
Firefox 48にはRust言語で書かれたコンポーネントが初搭載される 2016年07月14日
Google、SwiftをAndroidの第一級言語にすることを検討? 2016年04月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAndroidチェコオープンソース

関連記事