シェイクシャック4号店、新宿に今夏オープン - バーガーの無料配布も

2017年4月29日 16:19

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ニューヨーク発のハンバーガー レストラン「シェイク シャック(Shake ShacK)」の日本4号店が、2017年夏に新宿にオープンする。

■シェイクシャックとは

 シェイク シャックは、健康的に飼育されたアンガスビーフ100%のハンバーガーやホットドッグ、作りたてのフローズンカスタードと呼ばれる濃厚なアイスクリームとチョコレートなどのトッピングをミックスしたスイーツ「コンクリート」など、素材や美味しさにこだわったメニューが特徴だ。

■“ヘキサゴン”のモチーフを散りばめた店舗デザイン

 新店舗は、外苑前の1号店アトレ恵比寿西館内の2号店、そして有楽町・東京国際フォーラムの3号店に続く、日本4号店となる。「繋がる」を意味する「connect(コネクト)」コンセプトに、隙間無く平面を作り続けることのできる“ヘキサゴン”のモチーフを店装に散りばめた。ファサードには発光するヘキサゴンのフレームを大胆にしつらえ、存在感を放ちながらオープンなスペースを演出。時間と共に変化するフレームの発光パターンで、新宿の時の流れや多様性を表現した。また壁や天井、テーブルには国産杉とヒノキの間伐材、古材を再利用している。店内では、シャックバーガーやシャックカーゴドッグなどシェイクシャックを代表するメニューが提供される。

■オープンに先駆け、新宿サザンテラスでバーガー無料配布

 オープンに先駆け、日本のシェイク シャックでは初となる期間限定ストアが新宿サザンテラス広場に、2017年5月3日(水)から5日(金)までオープン。期間中は“Hello Shinjuku”を冠したフードトラックと黒一面の全長約13メートルのウォールが登場。ランチタイム限定で各日先着500名に、ウォールに貼られたチケットと交換で人気の「シュルームバーガー」を渡すという特別イベントとなっている。「シュルームバーガー」はパティを使わず、ポートベローマッシュルームで3種のチーズを包み込んで揚げたシュルームをはさんだユニークな一品。チケットが剥がれていくにつれ、真っ黒なウォールが徐々に変化していく様子にも注目してみて。

【詳細】シェイクシャック 新宿店オープン時期:2017年夏※詳細未定■期間限定ストア期間:2017年5月3日(水)〜5日(金)時間:各日11:00〜場所:新宿サザンテラス広場内容:各日先着500名に、新宿サザンテラス広場内に設置されたウォールに貼られたチケットと交換でシュルームバーガーが渡される。※限定500個無くなり次第終了 ※1人につきチケットは1枚のみ利用可。※雨天時の開催状況については、公式Twitterを確認。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード新宿チョコレートシェイク シャック(Shake Shack)ニューヨークアイスクリームハンバーガー

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース