中国OURPALM運営のKOFスマホゲーム、ガチャ確率表記などの問題指摘

2017年3月28日 21:11

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 SNKの人気ゲームタイトル「THE KING OF FIGHTERS」のキャラクターを使ったスマートフォン向けゲーム「THE KING OF FIGHTERS '98 ULTIMATE MATCH Online」で、ゲーム内でランダムにキャラクターやアイテムを入手できるいわゆる「ガチャ」の確率表記が不適切だった問題や、運営会社の情報が正しく表記されていないという問題が浮上している(ITmedia)。

 まず最初に問題となったのは、「出現確率3%」と表示されていたガチャで、実際にそのキャラクターを入手できる確率はそれよりも大きく低かったという点。これに対しプレイヤーがゲームを運営するOURPALM社を相手取った訴訟の準備を進め、特定商取引法で掲載が定められている運営元企業に訴状を送付したところ、「宛先不明」で届かなかったという(訴訟を起こしたプレイヤーのブログ)。

 このユーザーが記載された住所のあるビルに問い合わせたところ、そこにはその会社は入居していないということが分かったという。これは特定商取引法に明らかに違反しているとのこと。結局このユーザーは会社代表に訴状を送ったそうだ。

 スラドのコメントを読む | ゲーム

 関連ストーリー:
消費者委員会、ゲームにおけるガチャの適正表示を求める 2016年09月22日
「ガチャ」課金問題、業界団体が自主規制を改訂、公表。コンプライアンス順守を呼びかけへ 2016年03月25日
「ガチャの確率」が問題となった「グランブルーファンタジー」、課金額相当のゲーム内アイテムを返還へ 2016年02月26日
スマートフォン向けゲーム「グランブルーファンタジー」でガチャの「出現率」表記が問題に 2016年01月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国スマートフォンゲームTHE KING OF FIGHTERS

関連記事