「予算委運営を阻害しているのは自公」、民進・蓮舫代表

2017年3月15日 09:04

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 民進党の蓮舫代表は14日の記者会見で、予算委員会が停滞していることに「明らかに政府の答弁のちぐはぐさと、自民・公明両党が学校法人森友学園の籠池泰典氏の参考人招致を一貫して拒否しているからだ」と指摘。「自民・公明両党が委員会の円滑な運営を阻害している」と断じた。

 また、蓮舫代表は「これまで政府・与党は違法性がないから民間人の国会への参考人招致は慎重であるべきと言ってきたが、大阪府が告発を検討している時点で、相当に疑義がある」と指摘。

 そのうえで「今すぐに参考人招致に応じてもらわなければ、告発後では国会招致ができなくなる」とし「自民党大阪府議団も議会に籠池氏を呼びたいと言っている。中央と大阪のねじれを解消し、国会招致をしてもらいたい」と改めて、招致に賛同するよう強く求めた。

 民進党の小川勝也参院幹事長も同日の記者会見で「籠池氏らを国会に参考人招致し、立法府の場で堂々と事実関係を述べてもらいたい」と語った。また「籠池氏と稲田朋美防衛大臣との答弁が食い違えば、さらに追及していく」とした。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
籠池氏の参考人招致拒否「疚しいことあるのか」
稲田大臣が現時点で辞任する必要はない 二階氏
豊中市の国有地は国が買い戻しの方向に
参考人招致の必要性がより高まったと蓮舫代表
籠池氏参考人招致を拒否の自民へ不信感も

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード大阪府稲田朋美自民党民進党蓮舫国会森友学園籠池泰典

関連記事

広告