籠池氏参考人招致を拒否の自民へ不信感も、民進・山井和則氏

2017年3月10日 09:44

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 大阪府豊中市の国有地払い下げを受けた学校法人森友学園の籠池泰典理事長らを国会へ参考人招致することに自民党が頑なに拒否していることに、民進党の山井和則国対委員長は「強い怒りを感じる」と不満を露わにした。

 9日も自民党と民進党の国対委員長会談がもたれ、民進党の山井国対委員長は参考人招致の必要を求めたが「拒否された」と語った。山井国対委員長は「極めて不誠実。真相究明と参考人招致は国民の声だ」と強い口調で断じた。

 国有地払い下げに至る経緯について「政府は当時の資料や記録も捨てたというのだから、当事者に聞くしかない。にも拘らず、当事者の参考人招致を拒否するというのは、本当に、』何か、疚(やま)しいことがあるのではないか、と思わざるを得ない」と政府・自民党に参考人招致されては不都合なことがあるのか、と疑いを持つとの思いを語った。

 また「籠池理事長はネット動画で発言もされている。にも拘らず、籠池理事長の参考人招致や真相究明を自民党や安倍総理は邪魔をするのか、まったく理解できない」と怒りをぶつけた。そのうえで「粘り強く、交渉していく」姿勢を示した。不都合な発言をされてはとの懸念が自民党や政府側にあるのでは、との見方や不信感が国民の間にも出始めている。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
国民とズレ「籠池氏招致に同意しない」政府与党
籠池氏から疑問質さないと国会の存在意義にも
籠池理事長参考人招致に自民は賛同すべき
自民党は籠池理事長らの参考人招致拒否しないで
党あげて疑惑解明に全力尽くす 野田幹事長

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード大阪府自民党民進党山井和則国会森友学園籠池泰典

関連記事

広告