ミサイル防衛「THAAD配備含め調査」―稲田朋美防衛相

2016年9月14日 11:30

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

稲田朋美防衛大臣は13日の記者会見で、韓国が対北朝鮮弾道ミサイル対策として米国の地上発射型弾道弾迎撃システム・高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備を決めたが、日本においても「しっかり調査していく」とTHAAD配備を含めて検討していく考えを示した。日米間ではすでに調整が進んでいるとも予想される。

 この日の会見で、稲田大臣は、北朝鮮がさらなる核実験の準備をしているとの見方を韓国国防省がしているが、日本の受け止めをと記者団に聞かれ「報道について承知しているが、個々の具体的な情報の内容については事柄の性質上、コメントは差し控えたい」とした。

 そのうえで「北朝鮮は核ミサイル開発を今後も進めていく姿勢を崩していない。引き続き、核開発を継続していくものと考えられる」と語った。

 稲田防衛大臣は「北朝鮮のミサイルに対し、ミサイル防衛力というものをしっかりと整えていく、さらに、日米同盟の強化、さらに情報という意味でも日米韓の協力が必要と思っている。日米韓にとどまらず、関係諸国との協力が必要と思っている」と語った。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
水陸機動団新設 2100人規模に 稲田防衛相
北弾道ミサイル性能 発射毎に向上 稲田防衛相
北のミサイル探知追跡へ日米韓で初演習していた
北のミサイル「訓練段階とみるべきかも」石破氏
安保できて後の方が北のミサイル開発進んでいる

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード韓国北朝鮮米国日米同盟弾道ミサイル稲田朋美THAAD(高高度防衛ミサイル)核実験

関連記事