カリフォルニアの公営高速鉄道、エレベーター内での放尿による悪臭と戦う

2016年9月4日 22:57

印刷

記事提供元:スラド

立小便で街灯が倒れてしまうほど公共の場所での放尿に悩まされる米国・サンフランシスコだが、ベイエリアの公営高速鉄道(BART)ではエレベーター内での放尿による悪臭が問題となっているという(The Vergeの記事)。

この問題を解決するため、BARTではエレベーターの床をポリ尿素エポキシ素材に貼り替えるほか、シビックセンター駅のエレベーターで「Urine-B-Gone」という消臭スプレーのプロトタイプをテストするそうだ。Urine-B-Goneの詳細についてはテスト中のため明らかにされていないが、酵素ベースの洗浄液のようなものとみられている。

エレベーターで主に悪臭を生み出しているのはシャフト部分だという。ピットと呼ばれるシャフトの底部には水がたまり、バクテリアが繁殖しやすい。そのため、流れ込んだ尿をバクテリアが分解することで悪臭が発生する。シビックセンター駅ではピットの浸水を監視して、くみ出すことのできるFIT PITと呼ばれるシステムも最近導入したとのこと。

ちなみに、BARTでは2001年の同時多発テロ以降、すべての駅のトイレを閉鎖した。多くの駅では昨年から再びトイレを利用できるようになっているが、10駅では閉鎖中のままとなっているとのことだ。 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | バイオテック | 変なモノ | サイエンス | idle | アメリカ合衆国 | 交通

 関連ストーリー:
立ち小便が原因でサンフランシスコの街灯が倒壊? 2015年08月10日
ハンブルグ・ザンクトパウリ地区、立小便に「払い戻し」で対抗 2015年03月14日
シャワーの代わりにバクテリア入りボディミストを4週間使い続けたら 2014年05月24日
システム更新による障害で、カリフォルニアの公営高速鉄道システムが数時間にわたって全面停止 2013年11月24日
ブラザー工業の家庭用ファクス19機種で猫の尿による発火のおそれ 2013年03月30日
悪臭を芳香に変える繊維が開発される 2011年08月07日
海上自衛隊のトイレ内で 3 等海曹が死亡、し尿分解機構のトラブルで硫化水素が発生? 2010年06月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカ米国

関連記事