米税関国境警備局による入国者へのSNSアカウントの提示要求に対し否定的な意見が集まる

2016年9月4日 16:57

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 米税関国境警備局が入国者にSNSアカウント(Twitter、Facebook、Instagram、LinkedIn、Google+など)の提示を求めている問題で(過去記事)、非難が広がっているという(COMPUTERWORLDSlashdot)。

 このルールの対象者には日本人旅行者も含まれる。政府のルールに関するパブリックコメントには800に近い反応があり、そのほとんどが「滑稽」、「全面的に悪い考え」、「ぞっとする」、そして「アメリカらしくない」など否定的な内容であったという。この提案はオバマ政権下で行われているものだが、ドナルド・トランプ大統領候補による移民排斥アピールも影響しているとする専門家もいる模様。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | SNS | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
米国税関・国境警備局はあなたがTwitter上ではどんな人物なのかを知りたがっている 2016年08月27日
米税関、入国審査時にSNSのアカウント名を尋ねることを検討中 2016年06月30日
北朝鮮によるFacebook風SNS、よくあるパスワードを使っていたため数時間後に管理者権限を奪取される 2016年06月01日
インド政府、電話やSNSなどすべての通信を監視するシステム構築へ 2013年05月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカ米国TwitterFacebookSNSGoogleInstagramバラク・オバマ

関連記事