オムロンヘルスケア、スマホで歩数や階段上り数など測定・管理できる活動量計を発売

2015年1月28日 10:58

印刷

通信機能付きの活動量計「オムロン 活動量計 HJA-403C カロリスキャン」(オムロン ヘルスケアの発表資料より)

通信機能付きの活動量計「オムロン 活動量計 HJA-403C カロリスキャン」(オムロン ヘルスケアの発表資料より)[写真拡大]

 オムロン ヘルスケアは27日、歩数だけでなく、階段上りや早歩き歩数を測定し、それらの測定データをiPhoneやAndroidスマートフォンで、簡単に管理することができる通信機能付きの活動量計「オムロン 活動量計 HJA-403C カロリスキャン」を1月30日から発売すると発表した。

 HJA-403Cは、気圧センサーを搭載し、気圧センサーが測定した気圧変動から上下の移動を認識する。さらに、加速度センサーが測定した身体活動の加速度信号から歩行とそれ以外の身体活動を認識する。これにより、平地での歩行と階段歩行を識別し、階段上りの歩数を測定できる。さらに、加速度センサーが4Mets以上の歩行を早歩きとして測定する。これにより、通勤途中や日常生活でのちょっとした努力の成果が「階段上り歩数」「早歩き歩数」として確認できる。

 さらに、Bluetooth/NFC通信機能を搭載した。測定したデータは、健康サポートサービス「ウェルネスリンク」、およびデータ管理アプリ「からだグラフ(iPhone版/Android版)で、簡単にデータ管理できる。からだグラフでは、従来の歩数、消費カロリーに加え、早歩き歩数、階段上り歩数がグラフで表示される。

 販売価格はオープンで、発売後1年間で4万5,000台の販売を目標としている。

関連キーワードスマートフォンスマホAndroidiPhoneヘルスケア活動量計オムロン

関連記事