1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > ライフ
  4.  > お金・マネー
  5.  > ギャンブル依存症(1)

ギャンブル依存症のニュース一覧

東京商工リサーチが5月の「パチンコホール」倒産状況を調査

警視庁が3月に公表した「令和元年における風俗営業等の現状と風俗関係事犯の取締り状況等について」によれば、2019年末のパチンコ許可営業所数は前年比421店減の9639店となっており1万店を割った。 06/11 06:39

矢野経済研究所がパチンコ業界の現況と将来予測に関するレポートを発表。2018年の遊技機規則の改正により淘汰が加速。18年夏には1万店舗を割り込んでいると推計。22年以降に縮小安定化と予測。

かつて娯楽産業の花形であったパチンコ産業は2000年代に入ってから顧客離れが進み店舗数は減少傾向で推移している。 09/24 09:22

帝国データバンクは26日、パチンコホール経営業者の経営実態調査の結果を発表した。 11/27 09:04

厚生労働省は29日、我が国におけるギャンブル依存症とされる成人(75歳未満)は約320万人存在しているという試算を発表した。調査対象者は1万人であり、うち有効回答は4685人であり、ギャンブル依存症が疑われた人の割合は3.6%であった。

厚生労働省は9月29日、我が国のギャンブル依存症とされる成人(75歳未満)は約320万人いるという試算を公表した。 10/10 07:12

解禁の方向で検討が進む、カジノを中心とした統合型リゾート施設(IR)において、ギャンブル依存症対策として、日本人利用客には入場時にマイナンバーカードの提示を求める仕組みの検討を行うことに。

カジノを中心とした統合型リゾート施設(IR)でのギャンブル依存症対策として、日本人利用客には入場時にマイナンバーカードの提示を求め、入場の可否を判断する仕組みの検討を行うこととなった。 06/24 13:50

カジノを含む統合型リゾートは開設まで民間投資が行われて大きな経済効果を生み出すが、開設後にはギャンブル依存症や犯罪率の増加が懸念されている

安倍晋三首相を本部長とする特定複合観光施設区域整備推進本部(IR推進本部)は初会合を開催、IR推進会議のメンバー8名を選出し、IR推進法案の実施に向けて本格的な活動を始めた。 04/18 08:09

ギャンブル依存症対策の論点整理案にはパチンコの射幸性に対する課題も盛り込まれている。

ギャンブル等依存症対策推進関係閣僚会議はパチンコや公営ギャンブルの依存症対策を強化させるための論点整理案を発表した。 04/11 19:06

広告

広告

写真で見るニュース

  • Photo:日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージの冒頭部分
  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
  • 新型「アウトランダー」(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • トヨタの燃料電池大型商用トラックの新型プロトタイプ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 123rf
  • マツダ・フレアクロスオーバー「HYBRID XT SPECIAL」(画像: マツダ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告