「ソードアート・オンライン」劇場版第2弾、全世界公開決定 告知映像も

2021年10月18日 11:41

印刷

ファン垂涎の初日舞台挨拶情報画像©2020 川原 礫/KADOKAWA/SAO-P Project

ファン垂涎の初日舞台挨拶情報画像©2020 川原 礫/KADOKAWA/SAO-P Project[写真拡大]

  • 推しキャラのものがもらえるか?!公開第1週目来場者特典ポストカード©2020 川原 礫/KADOKAWA/SAO-P Project

人気アニメの劇場版第2弾「劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア」(河野亜矢子監督、10月30日公開)が、世界40以上の国と地域で公開されることが決定した。配給元のアニプレックスから16日に発表され、併せて全世界公開告知映像と公開直前映像「世界編」も公開された。

【こちらも】庵野秀明監督の映画『シン・仮面ライダー』池松壮亮×浜辺美波が出演、2023年3月公開

 原作は、作家・川原礫氏によるライトノベル(電撃文庫刊、第15回電撃小説大賞大賞受賞作)で、オンラインRPGゲームの仮想空間に閉じ込められたプレイヤーたちが、ゲームの死が現実の死に直結する危険を背負いながら敵と戦い脱出を目指す物語。劇場版第2弾では、物語の始まりとなる仮想空間の舞台、アインクラッドの戦いを、これまで語られなかったエピソードを盛りみ、プレイヤーとなる1人、少女・結城明日奈/アスナ(戸松遥)の視点で描く完全新作のリブートシリーズだ。

 ゲームの開発者で天才的量子物理学者のゲームマスターとしてプレイヤーたちの前に立ちはだかる茅場晶彦の声は、山寺宏一(60)が担当。主題歌「往け」を、前作に続きLiSA(34)が歌うことも話題を呼んでいる。

 劇場版第1弾「劇場版ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」は2017年に公開。興行収入25億円超を記録。アジアと欧米でも公開され、世界累計の興収は43億円超のヒットとなった。この成績を踏まえ、同第2弾では世界公開規模が広がった形だ。

 解禁された約30秒の世界公開告知映像では、LiSAの主題歌が流れる中で、色鮮やかでスピード感溢れる戦いの世界観が綴られている。また初日舞台あいさつの開催も決定。都内2カ所の劇場に、アスナ役の戸松遥、キリト役の松岡禎丞、ミト役の水瀬いのりの主要キャスト声優が揃うほか、河原監督とLiSAも出席予定だ。公開1週目の劇場来場者特典として、原作イラスト・キャラクターデザイン原案担当のabec氏が描き下ろした、キリト・アスナ・ミトのポストカードを3種からランダムで1枚もらえる。

(記事:斉藤蓮・記事一覧を見る

関連キーワード

関連記事