「ブラックホールの向こう」からの光、初めて観測 スタンフォード大

2021年8月4日 16:59

印刷

記事提供元:スラド

スタンフォード大学のダン・ウィルキンス氏らのチームは、本来なら見ることができないはずのブラックホールの向こう側からの光を観測することに成功したと発表した。7月28日に発表された論文によると、研究チームは地球から約8億光年の距離にあるI Zwicky 1 (I Zw 1)と呼ばれる銀河にある大質量ブラックホールを観察していたところ、大規模なX線フレアが出ているのを見つけたという(natureESAEngadgetGIGAZINE)。

詳細に観測した結果、強力なX線バーストが繰り返し発生していたことが分かったとされる。仕組みに関しては元記事を見ていただきたいが、この現象はアインシュタインの一般相対性理論で予測されていた現象によって発生したものだとしている。 

スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス | 宇宙

 関連ストーリー:
2020年ノーベル物理学賞はブラックホールに関する重要な発見をした3氏が受賞 2020年10月07日
英スピーカーメーカー「KEF」、音のブラックホールともいえる技術を開発 2020年09月05日
ブラックホールに新理論。事象の地平面は存在しない? 2020年07月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード

関連記事