NY株式:NYダウ85ドル安、決算控えた主要ハイテク株に売り広がる

2021年7月28日 07:00

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:00JST NY株式:NYダウ85ドル安、決算控えた主要ハイテク株に売り広がる
米国株式市場は反落。ダウ平均は85.79ドル安の35058.52ドル、ナスダックは180.13ポイント安の14660.58で取引を終了した。6月耐久財受注速報値が予想を下回ったことが回復への懸念に繋がり、寄り付き後、下落。アメリカ疾病管理予防センター(CDC)がワクチン接種完了者も一部の地域で室内でのマスク着用を推奨する方針に転じると報じられ、新型コロナ・デルタ株流行への警戒感も重しとなった。さらに、連邦準備制度理事会(FRB)による連邦公開市場委員会(FOMC)結果発表を明日に控えた調整と見られる売りも目立ち、終日軟調推移となった。決算を控えた主要ハイテク株も売られた。セクター別では、公益事業・不動産が上昇した一方で、運輸、自働車・自動車部品が下落。

航空機メーカーのレイセオン・テクノロジー(RTX)は、四半期決算の内容が予想を上回ったほか、通期見通しを引き上げ、買われた。ファーストフードチェーンのマクドナルド(MCD)は、アナリストの投資判断引き上げを受けて、上昇。一方で、貨物運送会社のユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)は4−6月期の配送需要に鈍化の兆しが見られたことが警戒され、売られた。化学事務用品大手の3M(MMM)は決算で、原材料不足や運送コストの上昇が収益を圧迫すると警告し、下落。また、バイオのモデルナ(MRNA)は、国外での提携先で製造に遅れが生じているとの報道が嫌気され、売られた。

検索大手グーグルを運営するアルファベット(GOOG)は取引終了後に第2四半期決算を発表。内容が予想を上回ったため時間外取引で上昇している。

Horiko Capital Management LLC《FA》

関連記事