ドローンの飲酒運転で書類送検 愛知県豊田市

2021年7月21日 16:54

印刷

記事提供元:スラド

nagazou 曰く、 ドローンの飲酒運転で書類送検されたそうだ。書類送検されたのは愛知県豊田市の50代の男性。50ミリリットルの缶ビールを8本飲んだ状態でドローンを操作。豊田市内の住宅地の上空を飛行させ、重量540グラムのドローンを民家の窓に衝突させた模様。現在の航空法ではドローンの飲酒運転は禁じられている。愛知県警によると改正航空法が成立して以降、飲酒操縦による摘発例はこれが全国では2例目。愛知県内は初とのこと(NHK朝日新聞東海テレビNEWS)。

 スラドのコメントを読む | 日本 | テクノロジー | 犯罪 | ニュース | 交通

 関連ストーリー:
カナダの警察が飲酒運転を疑って停止させた車両、自動運転だった 2021年04月18日
岡山県警、「あおり運転」などの危険運転行為を通報できるサイトを設置 2019年11月19日
入れ歯安定剤に含まれるアルコールが原因で酒気帯び運転容疑がかけられたとの主張、認められる 2018年08月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード愛知県ドローン

関連記事