政府、マスクに関して「JIS」規格を制定へ

2021年6月17日 17:26

印刷

記事提供元:スラド

COVID-19感染拡大により注目度が高くなったマスクだが、政府がそのマスクについて、日本産業規格(JIS)を定める方針であるという。昨年は品不足から海外製品の輸入が急増するなどしたが、マスクの品質に関する公的な規格が整備されていなかったという。NHKの報道によれば飛沫や微粒子、花粉などのいずれか一つを95%以上遮断することなどが要件となる。こうした飛沫の防止効果や通気性などで要件を満たせば材料や形状は問わないとしている(NHK)。

追記:正式に発表された。
厚生労働省は16日、日本産業規格(JIS T 9001及びJIS T 9002)を制定したと発表した。新たに発表されたのは医療用・一般用マスクの規格である「JIS T 9001」と医療従事者向けマスクについての規格「JIS T 9002」。認証の申請受付は6月22日からとなっているため、JIS規格に準拠したマスクが出回るのはしばらく先になると見られている(厚生労働省経済産業省日本衛生材料工業連合会INTERNET Watch)。 

スラドのコメントを読む | 日本 | 医療 | 政府

 関連ストーリー:
「トイレに流せる」製品の基準作り問題 2020年03月06日
4K/8K放送対応のためテレビ受信の同軸ケーブルに関するJIS規格が更新される 2020年02月25日
ヘルメットメーカーのオージーケーカブト、品質管理が不適切だったとしてJIS認証取り消し 2019年11月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード厚生労働省経済産業省花粉症

関連記事