映画『Mr.ノーバディ』地味な男が敵を一網打尽! 本編映像が解禁

2021年6月9日 19:29

小

中

大

印刷

© 2021 Universal Pictures

© 2021 Universal Pictures[写真拡大]

写真の拡大

 2021年6月11日(金)から全国公開されるアクション映画『Mr.ノーバディ』の本編映像が解禁となった。地味で冴えない“何者でもないただの男(NOBODY)”が襲い来る敵を一掃する姿に、胸がスッとすること間違いなし。

■「ジョン・ウィック」の脚本家と『ハードコア』の監督がタッグ

 今作の脚本を担当したのは「ジョン・ウィック」シリーズの脚本家デレク・コルスタッド。「ジョン・ウィック」は凄腕の元殺し屋が繰り広げる死闘を描いたアクション映画だ。2014年に公開された1作目の興行収入は約8,600万ドルを記録し、その人気ぶりからシリーズ化され、現在3作目まで製作されている。

 また今作で監督を務めるのは、2015年に公開されたSFアクション映画『ハードコア』でメガホンを取ったイリヤ・ナイシュラーだ。『ハードコア』は全編主人公目線で展開するPOV方式の作品で、異色アクションとして評価されている。数々のアクション作品を手掛けてきた二人がタッグを組むということで、作中でどのような痛快アクションが繰り広げられるのか期待が高まる。

■主人公を始め豪華キャストが勢ぞろい 

 ストーリーや演出はもちろんのこと、豪華出演陣も『Mr.ノーバディ』の見どころの1つだ。今作の主人公ハッチを演じるのは、ドラマ「ベター・コール・ソウル」で主演を務めたボブ・オデンカーク。貧乏弁護士ソウル・グッドマンに扮した演技が高く評価され、ゴールデン・グローブ賞と4度のエミー賞にノミネートされた。ドラマだけでなく『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』、『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』など映画にも多数出演し、幅広く活躍している。

 共演陣には、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズで博士役を演じたクリストファー・ロイドを迎える。また『トップガン』のマイケル・アイアンサイド、『グラディエーター』のコニー・ニールセンらも出演する。往年の名優たちが見せる多彩な演技も見逃せない。

■何者でもない男が丸腰で敵を返り討ちに!

 今回解禁された本編映像には、主人公ハッチの自宅に突如現れた武装集団との戦闘シーンが収められている。丸腰の状態でも日用品を手に、次々と敵を倒していくアクションシーンは、圧巻の一言に尽きる。

 ハッチを演じたオデンカークは今作へ出演するにあたり、トレーニングに2年の期間を費やしたのだそう。映画製作がスタートする前から鍛錬を始めており、プロとしての仕事ぶりを垣間見ることができる。今年59歳を迎えるオデンカークの、還暦目前とは思えない華麗なアクションを堪能しよう。

関連キーワードジョン・ウィック

関連記事

広告

財経アクセスランキング