楽天モバイル、Rakuten LinkのiOS版仕様変更へ 海外通話料金等に影響

2021年5月17日 18:18

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 2021年6月15日(火)以降、Rakuten LinkアプリiOS版における「音声通話の着信」と「SMS送受信」について仕様変更が行われる(楽天モバイルリリースEngadget)。Android版Rakuten Linkアプリには変更がなく、iOS版のみ変更なので、Apple社やiOS等による制限、規定等に従った結果と思われる。

まとめると架電(発信)にはRakuten Linkを使えるが、受話(受信)にはiOS標準アプリを使うようになる。架電と受話でアプリを使い分けるのは面倒。また、SMS送信・受信にはiOS標準アプリを使うようになる。結果的にSMS送信が有料となる。海外での使用にも影響があるようだ。

ネット上には、これらを改悪とする意見もあるが、受話時の音質が良くなるとか、Apple Watchに通知が来るようになると歓迎する意見もある。

 ITmediaの記事によれば、今回の仕様変更は「技術的な都合」によるものであるという。具体的な変更点としては、変更前はすべての通話がRakuten Linkアプリで着信可能であったのに対して、変更後は相手がRakuten Linkからの発信の場合のみ、Rakuten Linkで着信可能となる(ITmediaケータイ Watch )。これに伴い、iOS標準の電話アプリで折り返し電話をかける場合の扱いなどに注意が必要だ。詳細に関しては公式のリリースを見ていただきたいが、通話やSMSを送信時の料金にも影響が及ぶことになる。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | 携帯電話 | アップル | iOS | 携帯通信 | お金

 関連ストーリー:
楽天モバイル、販売開始したばかりのiPhoneを不正購入する事例が発生 2021年05月12日
楽天モバイルがiPhoneの取り扱いを開始。一部制限も緩和へ 2021年04月27日
オンライン専用3キャリア新プランや楽天新プランの利用予定は25.7%、MM総研の調査 2021年03月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードiOSAndroidAppleApple Watch楽天モバイル

関連記事