GitHub、動画アップロード機能を正式提供開始

2021年5月17日 18:19

印刷

記事提供元:スラド

headless 曰く、 GitHubは13日、動画アップロード機能の正式提供開始を発表した(The GitHub Blogの記事Neowinの記事Windows Centralの記事VentureBeatの記事)。

動画アップロード機能は複雑な手順などの説明を容易にするためのもので、12月からパブリックベータとして提供されていた。用途としては、バグの再現手順をわかりやすくメインテナーに伝える、プルリクエストのコンテキストをレビュアーに提供する、新機能や新製品のプロトタイプを共有する、といったものが想定されている。対応動画形式は.movと.mp4で、Android/iOSのGitHubアプリからアップロードすることも可能だ。今後はリンクからの動画展開やアノテーション対応なども検討しているとのことだ。

 スラドのコメントを読む | デベロッパーセクション | 映画 | デベロッパー

 関連ストーリー:
GitHubのページをオンラインVSCode版で表示可能な「GitHub1s」 2021年02月12日
コンピュータソフトウェア協会、GitHub流出の件で利用萎縮にならないよう求める声明を発表 2021年02月03日
ソースコード流出事件を受けて、GitHubの監視サービスがスタート 2021年02月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードiOSAndroidWindowsGitHub

関連記事