中国の火星探査機天問1号着陸機、火星着陸に成功

2021年5月16日 16:58

印刷

記事提供元:スラド

中国国家航天局(CNSA)は15日、火星探査機 天問(Tianwen)1号着陸機の火星着陸成功を発表した(ニュースリリースAssociated Press Newsの記事新華網の記事)。

天問1号は昨年7月23日に打ち上げられ、今年2月10日に火星周回軌道へ投入されていた。天問1号は日本時間15日2時頃に軌道を離脱し、5時頃に着陸機と周回機が分離した。周回機は分離から30分ほどのちに火星周回軌道へ戻り、着陸機は分離から3時間ほどのちに大気圏に突入。8時18分に目的のユートピア平原へ着陸した。着陸成功が確認されたのは、着陸機に積まれた探査機 祝融(Zhurong)が太陽電池パネルとアンテナを展開し、信号を送信してきた1時間以上後のことだという。

祝融は今後7~8日かけて着陸地点周辺の環境の確認やセルフチェックを行ったのち、着陸機から降りて探査を開始する。6つの車輪と青い蝶の羽を思わせる太陽電池パネルを持つ祝融は質量240㎏。少なくとも火星時間で90日間の寿命が想定されているとのことだ。 

スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 火星 | サイエンス | 宇宙 | 中国

 関連ストーリー:
NASAの火星ヘリコプターが5回目の飛行を完了し、新しい飛行場に移動 2021年05月10日
NASAの火星探査車Perseverance、火星の大気から酸素生成に成功 2021年04月24日
NASAの火星探査車 Perseverance、火星に無事着陸 2021年02月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国火星

関連記事