「中野サンプラザ」含む中野駅北口エリアの再開発、ホテル・最大7,000人収容ホール・広場など整備

2021年5月15日 17:02

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 「中野サンプラザ」を再整備する大規模複合開発が始動。2028年度内の竣工を目指す。

■中野駅北口エリアが一新!「中野サンプラザ」周辺が生まれ変わる

 中野のシンボルとして愛されてきた「中野サンプラザ」と、中野区役所が位置する中野駅北口エリア一体が、野村不動産ら5社が推進する大規模複合開発「中野駅新北口駅前エリア拠点施設整備事業」によって生まれ変わる。新たな複合施設は、ホール・ホテル・商業・オフィス・住宅などにより構成され、音楽・サブカルチャー・食など多様な文化をはぐくんできた中野駅周辺に一層の賑わいを創出する。

 今回の大規模複合再開発によってライフスタイルホテルを内包する高層ビルが建設されるとともに、最大7,000人収容の大ホールや緑あふれる広場も設けられる。また、中野駅西側南北通路・橋上駅舎が生まれ変わることにより、ゆとりある歩行者空間と高い回遊性を実現する。

【詳細】
中野駅新北口駅前エリア拠点施設整備事業
竣工:2028年度内
住所:東京都中野区中野4-2-47
アクセス:JR中央線・総武線・東西線「中野」駅 徒歩1分

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード野村不動産

関連記事