NASAの火星ヘリコプターIngenuity、飛行デモは次の段階へ

2021年5月5日 08:52

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

NASAは4月30日、火星ヘリコプターIngenuityの飛行デモを新たな段階に進める計画を発表した(NASA JPL Newsの記事)。

これまでIngenuityの飛行デモは技術的デモの段階だったが、次の段階では火星探査車Perseveranceから独立し、Perseveranceの探査スケジュールへの影響が少ない運用デモに移行する。

Ingenuityは既に4回の飛行に成功しており、4回目の飛行では現在の飛行場「Wright Brothers Field」の南約133mにある新しい飛行場の候補地まで約266mを往復した。5回目の飛行では新しい飛行場に着陸する計画で、Ingenuityの状態に問題がなければ運用デモの段階に進む。運用デモではこれまでより正確なマヌーバーや上空からの観測能力活用が行われる一方で、リスクも大きくなる。 

スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 火星 | サイエンス | 宇宙 | NASA

 関連ストーリー:
NASAの火星探査車Perseverance、火星の大気から酸素生成に成功 2021年04月24日
NASAの火星ヘリコプター、地球以外の惑星で史上初の動力飛行に成功 2021年04月20日
NASAの火星ヘリコプター、月曜日の初飛行を計画 2021年04月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNASA火星

関連記事

広告