NASAの火星探査車Perseverance、火星の大気から酸素生成に成功

2021年4月26日 08:39

印刷

記事提供元:スラド

NASAの火星探査車PerseveranceがMars Oxygen In-Situ Resource Utilization Experiment(MOXIE)を用い、火星の大気から酸素を生成する実験に成功したそうだ(NASA JPLのニュース記事)。

MOXIEはトースターほどの大きさの実験的機材。火星の大気の96%を占める二酸化炭素を約800℃に加熱することで酸素原子を分離し、副産物の一酸化炭素は火星の大気に放出する。4月20日(sol 60)に行われた最初の実験はMOXIEが故障していないかどうかの確認を兼ねたもので、宇宙飛行士1人の10分間の必要量に相当する約5gの酸素が生成された。MOXIEは最大で1時間に10gの酸素を生成できる設計になっており、火星年1年間(地球年で約2年)かけて様々な条件の実験を少なくとも9回は実施する予定だという。

火星への有人ミッションで4人の宇宙飛行士を帰還させるにはおよそ7トンのロケット燃料と25トンの酸素が必要になる。一方、火星で宇宙飛行士の呼吸に必要な酸素は1年間で1トン程度。25トンの酸素を地球から運ぶのは困難なため、1トン程度に大型化したMOXIE後継機を運ぶ方がより経済的で現実的とのことだ。 

スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 火星 | サイエンス | NASA

 関連ストーリー:
NASAの火星ヘリコプター、地球以外の惑星で史上初の動力飛行に成功 2021年04月20日
NASA、火星探査機PerseveranceのSuperCam搭載マイクで録音した音声を公開 2021年03月14日
NASAの火星探査車Perseverance、史上初めて音声用マイクで火星の音声を録音 2021年02月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNASAロケット火星

関連記事