ケンコーマヨネーズの子会社は「高リコピントマトスープ」を発売

2021年4月22日 21:26

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■リコピン含有量1.5倍の高リコピントマトを使用したスープ

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東1)の100%子会社「関東ダイエットクック」では、首都圏のスーパーマーケットや量販店の惣菜売り場において、リコピン含有量が一般的なトマトの1.5倍である高リコピントマトを使用した「高リコピントマトスープ」を5月1日(土)から発売する。

 トマトに多く含まれているリコピンは天然色素の一種であり、健康や美容の面から注目されている栄養素。関東DCでは、冷房などで体が冷える夏場に、温かく、身体にも良い商品をおすすめしたいという思いから、リコピン含有量のより多い高リコピントマトを使用したトマトスープを開発した。

 同商品は、スープとトッピングの両方に高リコピントマトを使用している。また、キャベツ、なす、ウインナー、レモンなど、豊富な具材を入れることで、食べ応えと満足感のあるスープに仕上げた。食事から健康と美容をサポートする商品として提案する。

【高リコピントマトスープ】 ・参考店頭価格=328円(本体) ・内容量=230g ・販売地域=東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県 ・商品特長=高リコピントマト使用のトマトソースとチキンブイヨンをベースに、キャベツ、なす、ウインナー、レモン、高リコピントマトをトッピング。 (情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ジャパンフーズは昨年来高値に接近、22年3月期収益回復期待(2021/03/19)
【注目銘柄】フェリシモは続落もV字回復業績を見直し決算発表に期待を高め逆張りが交錯(2021/03/05)
【編集長の視点】ファルコHDは急反落も業績再上方修正と増配をテコに突っ込み買いも一興(2021/02/12
【小倉正男の経済コラム】「コロナ後」~米国はインフレ懸念、日本はデフレ懸念という対照(2021/03/21)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

財経アクセスランキング