政府、個人事業主に識別番号を割り振る方針

2021年4月8日 08:30

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

日経新聞によれば、政府は個人事業主にもマイナンバーのように番号を割り振り、補助金の支給や税務手続きなどに利用できる仕組みを作る方針らしい。現行のマイナンバー制度には番号の公開に厳しい制限が存在するなどの法的な制約が数多くあることから、別の仕組みを用意する考えとのこと(日経新聞)。

新制度は、2023年10月から導入される消費税の税額票(インボイス)に合わせ、課税事業者に13桁の登録番号を割り振るとされる。法人に関してはこれまで通り法人番号を引き続き使用する。個人事業主には新たな登録番号を付与するとしている。記事によれば、この登録番号はGビズIDに紐付けされるとしている。 

スラドのコメントを読む | 日本 | 政府

 関連ストーリー:
マイナンバーカードの保険証利用、3月末の本格運用を先送りとの報道 2021年03月25日
佐賀市の公式サイトでマイナンバーカードなどの画像が見られる状態に 2021年03月03日
政府のワクチン接種記録システム、ITベンチャーのミラボが受注。4月までに稼働へ 2021年02月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードマイナンバー消費税

関連記事

広告