gmailをgmaiと誤入力し新入生135人の個人情報流出 京都市立芸術大

2021年4月3日 10:41

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

京都市立芸術大学は31日、4月に入学予定の学生135人の個人情報を流出させたと発表した。原因はメールアドレスの打ち間違い。事務局職員から教員にクラス分け用の情報をメールで送信した。そのときメールアドレスのドメインを本来は「gmail.com」とするところ「gmai.com」と誤入力したまま送信してしまったそうだ(京都市立芸術大学朝日新聞)。

流出したのは美術学部に入学の学生135人の志望科・氏名・ふりがな・性別・出身校名。大学のリリースによれば、誤送信先にメールの消去を依頼するメールを送信したものの、返答などは無かったとのこと。現時点では不正利用などは確認されていないとしている。 

スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | 教育 | 情報漏洩

 関連ストーリー:
PlayStation 5、決定ボタンは〇ではなく×が標準化。国際的に統一で誤操作無くす 2020年10月06日
新型コロナ管理支援システム「HER-SYS」、誤入力などさまざまな問題を抱える 2020年09月30日
オーストラリア・メルボルン市政府、駐車料金支払いアプリで「0」と「O」を取り違えて入力して駐車違反となったケースで反則金を返金へ 2020年09月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード誤送信

関連記事