映画『孤狼の血 LEVEL2』前作から3年後が舞台&優等生刑事がワイルドに...何があったのか?

2021年3月30日 11:32

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 映画『孤狼の血 LEVEL2』が2021年8月20日(金)に公開。2018年公開の映画『孤狼の血』に続く物語が、完全オリジナルストーリーとして描かれる。

■日本の映画賞を席巻した前作『孤狼の血』

 映画『孤狼の血』は、柚月裕子のベストセラー同名小説を原作に、警察と暴力組織に関わる様々な人間模様を巧みに描きだしたヒット作。役所広司や松坂桃李をはじめとする豪華キャストと共に、「正義とは何か?」を問う本能を刺激する物語は、その年の日本アカデミー賞を筆頭に、数々の映画賞を総なめしたことでも話題を集めた。

■続編LEVEL2は、前作の3年後が舞台

 その続編となる映画『孤狼の血 LEVEL2』は、前作から3年後が舞台。広島の架空都市・呉原市の裏社会を治めていた伝説の刑事・大上亡き後、その遺志を受け継いだ若き刑事・日岡の“その後”の姿が、原作にはない“完全オリジナルストーリー”で描かれるという。

■強烈なキャラクター再び

■主人公・日岡秀一...松坂桃李

 呉原東署・刑事二課の刑事。広島大学出身。権力を用い、暴力組織を取り仕切っている。前作『孤狼の血』で見せた優等生刑事のイメージではなく、髪をバッサリと切り、裏社会相手でも一歩も引かない大上(役所広司)の跡を継ぐようなワイルドな刑事へとレベルアップしている。一体何があったのか?

■上林成浩...鈴木亮平

 五十子会上林組組長。日岡の前に立ちはだかる‟悪魔”の男。彼が出所してきたことで事態は急転。

 チンタ...村上虹郎
五十子会上林組・組員:近田幸太。上林組にはスパイとして潜り込む。日岡を慕う。

 そのほか斎藤工、西野七瀬、早乙女太一 ら多彩なメンバーが集結するほか、前作で異様な存在感を放っていた滝藤賢一、中村獅童、音尾琢真、矢島健一らも再集結。前作では監察官として登場した滝藤賢一演じる嵯峨大輔が、ある事件の捜査本部で指揮を執る管理官になっているなど、前作から各々のキャラクターにも変化が。クセの強い4人がさらなる怪演を見せる。

 <メインキャラクター>
スタンド「華」のママ、チンタの姉:近田真緒…西野七瀬
尾谷組・組員 花田 優…早乙女太一
尾谷組・若頭 橘 雄馬…斎藤 工
広島県警本部・捜査一課 瀬島孝之…中村梅雀
広島仁正会・会長 綿船 陽三…吉田鋼太郎
管理官・嵯峨大輔…滝藤賢一
安芸新聞の記者・高坂隆文…中村獅童
「パールエンタープライズ」社長・吉田滋…音尾琢真
呉原東署刑事二課の暴力班捜査係係長・友竹啓二…矢島健一

■白石和彌が再びメガホン

 監督は、前作に続き白石和彌が担当。「前作以上によりエンタメ作品として楽しんでもらえるようになっていると思います。すごいものを皆さんに見せられるという確信がありますので、楽しみに完成を待っていただければ」と本作への手ごたえを語っている。

■『孤狼の血 LEVEL2』あらすじ

 舞台は前作から3年後。広島の裏社会を収めていた伝説の刑事・大上亡き後、その遺志を受け継いだ若き刑事・日岡秀一。権力を用い、暴力組織を取り仕切っていた日岡だったが、出所してきたたった一人の“悪魔”によって事態は急転していく・・・。

 作品詳細

映画『孤狼の血 LEVEL2』
公開日:2021年8月20日(金)
監督:白石和彌
出演:松坂桃李、鈴木亮平、村上虹郎、西野七瀬、中村梅雀、斎藤工、滝藤賢一、中村獅童、吉田鋼太郎、中村獅童、音尾琢真、矢島健一
脚本:池上純哉
音楽:安川午朗
原作:柚月裕子「孤狼の血」シリーズ(角川文庫/KADOKAWA)
企画協力:KADOKAWA
撮影:加藤航平 照明:川井稔 美術:今村 力 録音:浦田和治

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード広島大学斎藤工役所広司松坂桃李孤狼の血村上虹郎西野七瀬鈴木亮平滝藤賢一吉田鋼太郎

関連記事

広告

財経アクセスランキング