NASA、火星でのヘリコプター飛行実験計画を発表

2021年3月28日 20:37

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

NASAは23日、火星ヘリコプターIngenuityの飛行計画を発表した(NASA JPLのブログ記事SlashGearの記事Ars Technicaの記事The Vergeの記事)。

Ingenuityを腹面に取り付けた火星探査車Perseveranceは2月18日(東部時間)に火星のジェゼロクレーターへ着陸し、3月21日には着陸時のデブリからIngenuityを保護するためのシールドが取り外された。NASAはIngenuityの「飛行場」となる10m×10mの平坦で障害物のない場所をジェゼロクレーター内で選定しており、現在Perseveranceが向かっている。

飛行場にPerseveranceが到着したら、6 sol(火星時間で6日、地球時間6日4時間)かけてIngenuityを取り外して配置する。6日目にはIngenuityの脚がジェゼロクレーター表面にしっかりと接地していることを確認したうえでPerseveranceが約5m離れた位置に移動し、互いに通信できることが確認されれば配置完了だ。ここから30 solにわたるIngenuityの飛行実験が開始される。最初の飛行は4月8日以降を計画しているとのこと。

Ingenuityの飛行実験は地球以外の場所で初となる航空機の動力飛行となる。大気密度が地球の1%程度しかない火星での飛行は困難が伴うが、成功すれば1997年に火星探査車Sojournerの成功で火星探査の方法が大きく変わったのと同様に、将来の火星探査の幅を大きく広げるものになると期待されている。 

スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 火星 | サイエンス | 宇宙 | NASA

 関連ストーリー:
NASA、火星探査機PerseveranceのSuperCam搭載マイクで録音した音声を公開 2021年03月14日
火星の空飛ぶLinux 2021年03月12日
NASAの火星探査車Perseverance、史上初めて音声用マイクで火星の音声を録音 2021年02月24日
NASAの火星探査車 Perseverance、火星に無事着陸 2021年02月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNASA火星

関連記事