中国のSNSで「株式市場」という単語が禁止された可能性

2021年3月11日 17:54

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

中国のSNSである微博(ウェイボー)で「株式市場」という単語が検閲対象となった可能性があるそうだ。Bloombergによると、微博のウェブ版で10日、株式市場と入力して検索してもヒットしなくなったそうだ。ただしユーザー側から株式市場の単語を含む投稿は可能であるという。モバイル版に関しては投稿の一部は検索結果に表示されたという。急落やA株、株式といった市場関連用語での検索は可能であるとしている(Bloomberg)。

中国では国会に相当する全人代が11日まで開催されていた。しかし、この重大イベント中にも関わらず、大幅下落に見舞われている。9日には政府系のファンドが株式相場に介入したと見られているが下げ幅が一時的に縮小する程度の効果しか見られなかったという。その日は約3カ月ぶり安値となっている。こうした背景から一時的に株式市場を禁止用語にした可能性がある模様(Bloombergその2Bloombergその3Reuters)。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | 検閲 | インターネット | IT | SNS | 中国

 関連ストーリー:
テクノロジーの負の側面を強調しすぎないよう、Googleが研究者に要求しているとの報道 2020年12月28日
天安門事件関連のビデオ会議を検閲・通信遮断か、米司法省がズーム元従業員を起訴 2020年12月24日
ロシア政府、TLS 1.3などの暗号化技術を使用禁止にする改正法案 2020年09月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国

関連記事