大手キャリアのMVNO向けのデータ接続料、4月から引き下げ

2021年3月11日 07:21

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

自社で通信回線を持たないMVNO各社は大手キャリアから回線を借りて運営している。そのときに使用料として支払っているデータ接続料が、2021年4月から引き下げられることが分かった(総務省 データ接続料の低廉化について[PDF]NHKiPhone Mania)。

3月8日に開催された有識者会議「競争ルールの検証に関するWG」で公開された「データ接続料の低廉化について」の資料の中で、2020年10月に公表した「モバイル市場の公正な競争環境の整備に向けた アクション・プラン」でデータ接続料を3年間で半減させるとしていた計画を、MVNO業界からの要望や市場の様子などを踏まえ、当初の目標を前倒しし2021年4月より適用するとしている。

具体的な金額については、2021年度の月の接続料は10Mbpsあたり26万円となった。これは2019年の58.1万円から比べるとおよそ半額になる。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | 日本 | 携帯電話 | 携帯通信 | お金

 関連ストーリー:
ソフトバンクの値上げ要請で大容量MVNO「FUJI Wifi」がサービス停止の危機 2021年03月02日
総務省、乗り換え後もキャリアメールを継続使用できるように求める。調査でも週1回以上の受信が67.7% 2021年03月02日
MVNO各社、共同で総務省に大手キャリアと競争できるよう便宜を図るよう求める 2021年01月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード総務省

関連記事