NTTドコモと鯖やグループ、非接触でサバの体長測定に成功

2021年3月10日 07:17

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

NTTドコモと鯖やグループは8日、非接触でのサバの平均魚体長測定に成功したと発表した。養殖では効率的な生産管理のために魚の体長や体重測定は重要な作業だそうだ。これまでは生け簀から養殖した魚を数匹取り出し、それを一匹ずつ計測器で測定していた。ところが測定によって養殖魚が死んでしまう場合や、個々の魚の成長にバラツキがあることから正確な成長過程を把握できなかったのだという(NTTドコモケータイ Watch)。

そこでアクアフュージョンが保有する超音波式水中可視化技術を利用し、非接触でサバの魚体長測定技術の検証をしてきたそうだ。その結果、簀内を泳ぐサバの魚体長の平均値を高い精度で測定することに成功したとのこと。この技術を使用すると正確な成長過程を把握できることから、給餌量の最適化や出荷時期のコントロールが可能となるとしている。

 スラドのコメントを読む | 日本 | テクノロジー | ビジネス

 関連ストーリー:
京浜電鉄、磁気定期券・回数券の販売終了へ。ICカードへの移行を明確に 2020年12月08日
コロナ禍時代に合わせ、非接触で操作できるエレベーターの開発相次ぐ 2020年12月03日
英政府、自動車運転中の携帯電話手持ち操作を全面禁止にする計画 2020年10月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNTTドコモ

関連記事