Excelの数式元にしたプログラミング言語「Microsoft Power Fx」発表

2021年3月6日 08:18

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Microsoftは昨年、Excelの数式は世界で最も広く使われているプログラミング言語であるとする話を出していたが、3月2日にこのExcelの数式をベースにしたプログラミング言語「Microsoft Power Fx」を発表した。オープンソースとなっておりGitHub上で公開されている(Microsoft Power AppsGitHubiTmediaGIGAZINE)。

Power Fxは、Microsoftのローコード・ノーコードツール群「Power Platform」のロジックの記述に使用される言語。Excelでの数式の知識をプログラミングに使えるのが特徴で、いわゆるノーコードからプロ開発者によるプロコード開発といったあらゆる場面で利用できるとのこと。Power FxではExcelの関数とほぼ働きをする関数が多数用意されているものの、膨大な機能が備わっているExcelにはまだ及ばない。このため、今後はExcel開発チームとコラボレートしつつ、どの機能を追加するかを検討していくそうだ(@IT)。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | オープンソース | ソフトウェア | プログラミング | デベロッパー

 関連ストーリー:
Python 30周年 2021年02月21日
プログラミング言語「Go」がM1チップ搭載Macに対応 2021年02月19日
優勝賞金は30万円。ディスカバリーチャネルコードコンテストが応募受付中 2021年02月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードコラボレーションMicrosoftGitHubオープンソース

関連記事

広告