ソフトバンクで6347人の顧客情報流出 ドコモ口座事件などに悪用

2021年3月4日 16:31

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

ソフトバンクは4日、同社の訪問販売による代理店業務を行っていた人物が6347人の顧客情報を不正に取得していたと発表した。リリースによれば、この人物は2015年から2018年の期間、ソフトバンクのお客さま控えを写真撮影やコピーをすることで不正に取得していたとしている(ソフトバンク[PDF]毎日新聞)。

流出した情報は 氏名、住所、生年月日、連絡先電話番号、携帯電話番号、携帯電話機の製造番号(IMEI)、交換機暗証番号、料金支払い用の金融機関名および口座番号

 で、この人物からソフトバンクとワイモバイルの携帯電話サービス、SoftBank 光、SoftBank Airの契約手続きを行った契約者のデータであるとしている。発表では人物の名前は出ていないが、毎日新聞によると元携帯電話販売代理店社長の稲葉修作容疑者であるという。警視庁サイバー犯罪対策課などが不正競争防止法違反(営業秘密の領得、使用)容疑で逮捕したとしている。稲葉容疑者が取得した情報は、最終的にドコモ口座事件の主犯とされる菅(かん)拓朗被告に渡り、それが犯罪に悪用されたと見られている。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | 犯罪 | セキュリティ | ニュース | 情報漏洩

 関連ストーリー:
ソフトバンク・中日のオープン戦、Pepperが昨年の2倍の数が応援に駆り出される 2021年03月03日
ソフトバンクの値上げ要請で大容量MVNO「FUJI Wifi」がサービス停止の危機 2021年03月02日
ソフトバンク元社員、楽天モバイル転職時に機密情報を持ち出したとして逮捕。楽天は情報利用を否定 2021年01月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードソフトバンクNTTドコモワイモバイル

関連記事

広告