ドコモ、ahamoを税抜きで280円値下げへ 対応端末も同時に発表

2021年3月1日 17:18

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

NTTドコモは1日、3月26日からサービス開始予定の新料金プラン「ahamo」を他社対抗のために値下げすると発表した。これまで税抜2980円としていた月額利用料を税抜2700円に変更、税込でも2970円と3000円を切る価格帯に設定された。5分通話定額などのサービス内容に関しては変更はないという。この値下げにより、auの「povo」やSoftBankの「LINEMO」に5分通話定額を組み合わせた場合の料金と比較すると約300円ほど安くなるとされる(ドコモケータイ Watch)。

また同時にahamoに対応可能な機種一覧を発表した。AppleのiPhoneシリーズに対応するほか、Android端末は合計72機種が対応するとしている。またケータイ Watchの記事によれば、発表の場では動作確認対象端末以外の機種でも特に配慮すべき要素は見当たらないと話しているという(対応端末一覧ケータイ Watchその2)。 

スラドのコメントを読む | モバイルセクション | モバイル | ビジネス | NTT | 携帯電話 | 携帯通信 | お金

 関連ストーリー:
ソフトバンク、オンライン専用ブランドの名称をLINEMOに。Povoと同じ2480円設定へ変更 2021年02月18日
楽天モバイルが新料金プランを発表。データ使用量に合わせて料金が自動可変。1GBまでは無料 2021年01月29日
KDDIが3キャリアで最安値とする新プラン「povo」を発表。月2480円で20GB 2021年01月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNTTドコモiPhone

関連記事