2020年第4四半期の国内市場携帯電話出荷台数、2台に1台以上がiPhone

2021年2月28日 16:45

印刷

記事提供元:スラド

IDC Japanが2月24日に発表した国内市場携帯電話/スマートフォン出荷台数によると、2020年第4四半期は2台に1台以上がiPhoneだったようだ(プレスリリース)。

Appleの出荷台数は例年、新モデル発売後かつ年末商戦を含む第4四半期に最も多くなるが、2020年第4四半期は前年同期比13.8%増の601.5万台。国内市場携帯電話出荷台数(従来型携帯電話とスマートフォンの合計)の52.6%、国内市場スマートフォン出荷台数の53.2%を占め、シェアはいずれも1ポイント以上増加した。大きく離れて2位のシャープは12.4%/12.2%(携帯電話/スマートフォン、以下同)、さらに離れてSamsung(6.8%/6.9%)・京セラ(7.0%/6.7%)/Sony(6.4%/6.5%)が第3グループを構成する。国内市場出荷台数総計では1,143.2万台(前年同期比10.6%増)/1.130.1万台(前年同期比10.3%増)となっている。

2020年通年でもAppleのシェアは前年同期比1ポイント以上増加して46.5%/47.3%。シャープ(13.3%/12.7%)の2位は変わらないが、第3グループはSonyに代わって富士通(8.3%/8.5%)が先頭に入っている。通年での国内市場出荷台数は3,363.3万台/3,302.8万台となり、いずれも前年比5.9%増となった。出荷台数の面では「分離プラン」導入などにより減少した2019年から回復傾向がみられるものの、端末の平均単価の下落傾向が続いており、5G時代に向けて消費者の選択肢が減ることが懸念されるとのことだ。 

スラドのコメントを読む | モバイルセクション | モバイル | 日本 | ビジネス | 携帯電話 | iPhone

 関連ストーリー:
2020年第4四半期のスマートフォン出荷台数は前年比4.3%増、2020年1年間では5.9%減 2021年01月31日
ソニーの2019年度スマートフォン販売台数、前年度に引き続き半減していた 2020年05月27日
2019年第4四半期のスマートフォン出荷台数、Appleが8四半期ぶりの1位 2020年02月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAppleSamsung富士通iPhoneIDC京セラシャープ

関連記事