【中国の視点】ビットコインの上昇は継続も、バブルは「無視できず」

2021年2月24日 10:10

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:10JST 【中国の視点】ビットコインの上昇は継続も、バブルは「無視できず」
ビットコインの取引価格は21日、5万7000米ドル(約601万円)まで接近した。ビットコインの時価総額はこの日、1兆米ドルを突破。これに伴い、ほかの暗号通貨も軒並み上昇した。

新型コロナウイルスの流行にと伴う景気の急悪化を受け、各国中央銀行が相次いで金融緩和を実施していることがビットコインの急騰の背景だと分析されている。実体経済の回復遅れに伴い、行き場を失う余剰資金がビットコインや株式など金融市場に流入している。また、ビットコインファンドであるグレースケール・ビットコイン・トラストなど機関投資家や米EV大手のテスラがビットコイン・暗号資産(仮想通貨)への投資を参入していることも、仮想通貨の投資家のリスク志向を強めていると指摘されている。

中国の専門家は、今後のビットコインの動きについて、当面は上昇し続けるとの見方を示した。新型コロナ流行の収束が見えないなか、各国の中央銀行による金融緩和の継続が当面続くと予測。潤沢な資金に加え、機関投資家らが相次いで仮想通貨を投資対象に組み入れているため、今回の上昇期間が前回の急騰(2017年)より長くなる可能性が高いと指摘した。

ただ、仮想通貨を含む資産バブルがいつか崩壊すると懸念する声が広がっている。新型コロナワクチンの接種開始に伴う経済活動の正常化観測が高まっているなか、実体経済への資金流入がこれから徐々に拡大するとみられている。また、景気回復に伴う金融政策が引き締めスタンスに転じれば、金融市場から資金流出が加速すると警告されている。《AN》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • (c) 2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
  • タント特別仕様車 楽天イーグルス エディション ⓒRakuten Eagles
  • Photo:スカイライン打倒を果たした「第6回富士TT」で激走する加茂・増田組サバンナ(マツダレース委員会アーカイブ)
  • © 2021 Universal Pictures
  • レクサスの特別仕様車3種と松山英樹選手(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 日産アリア limited(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • (c) 2021『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
 

広告

ピックアップ 注目ニュース