Google、サイト等の情報を検索画面で表示する機能のベータ版を提供開始

2021年2月7日 16:24

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Googleは1日、Web検索で見つかったサイト等の情報を検索結果画面から移動することなく確認できる機能のベータ版提供開始を発表した(The Keywordの記事Neowinの記事The Next Webの記事Ghacksの記事)。

サイトの情報は検索結果の多くの項目で右側に追加されるメニューボタン(⋮)をタップすれば表示できる。情報としてはサイトの説明のほか、通信暗号化の有無、検索で見つかったページのフルURL、広告でないことの説明といったもの。サイトの説明にはWikipediaにエントリーがあれば該当記事の内容、ない場合はGoogleが最初にインデックスした時期が表示される。検索で見つかったページのほか、Googleがまとめた情報に関する説明を表示することも可能だ。

Googleはこの機能を米国の英語版検索結果(デスクトップ・モバイル・Android版Googleアプリ)でロールアウト開始したと説明しているが、手元のAndroid環境でChromeの検索結果を英語表示にした場合と、Googleアプリで地域を米国、検索言語を英語にした場合には表示された。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | Google | インターネット | IT

 関連ストーリー:
Googleマップが電車の現在地がわかるサービス。東京公共交通オープンデータチャレンジの一環 2021年02月03日
Google、検索画面で「期間を指定」を選ぶとタブがフリーズする問題を修正 2021年01月23日
Google、オーストラリアで特定のニュースパブリッシャーを検索結果から除外する実験 2021年01月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleAndroidChrome

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型NX(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 新型ランドクルーザー(300系)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • (c) 2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
  • タント特別仕様車 楽天イーグルス エディション ⓒRakuten Eagles
  • Photo:スカイライン打倒を果たした「第6回富士TT」で激走する加茂・増田組サバンナ(マツダレース委員会アーカイブ)
  • © 2021 Universal Pictures
 

広告

ピックアップ 注目ニュース