アウディ、初のEVグランツーリスモ「e-tron GT」世界初公開へ オンラインで

2021年2月7日 07:48

小

中

大

印刷

登場が予告されたe-tron GTにはシートが被せられている(画像: アウディジャパン発表資料より)

登場が予告されたe-tron GTにはシートが被せられている(画像: アウディジャパン発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 アウディは、日本時間の9日夜から10日早朝にかけて、EVグランツーリスモ「e-tron GT」を世界初公開する。公開はオンラインで行われ、アウディ初のEVグランツーリスモのお披露目となる。

【こちらも】アウディ、日本市場初の電気自動車「e-tron Sportback」を発売

 アウディ・e-tron GTは、同社の新たなフラッグシップとしての活躍を期待される4ドアクーペ。テクノロジーはポルシェと共同で開発した。ポルシェではすでに4ドアクーペのEV「タイカン」が発売されており、そのノウハウがアウディと共有されたと考えてもよいだろう。オンラインイベントでの世界初公開では、そのビジュアルとスペックに注目が集まりそうだ。

 今回のアウディのオンラインイベントは、2部構成になる。9日21時(日本時間、以下同)からは「Spring of Progress」、10日3時からは「Celebration of Progress」を開催予定。

 「Spring of Progress」では、「電気自動車のF1」と呼ばれるモータースポーツ「Formula e」の元チャンピオンであるブラジル人ドライバー、ルーカス・ディ・グラッシが登場。e-tron GTのパフォーマンスを余すところなく紹介する予定だ。このイベントに登場するe-tron GTはカムフラージュが施されているが、大まかな外観が分かるだけでも自動車ファンの心を動かしそうだ。

 「Celebration of Progress」では、e-tron GTの完全な姿が世界初公開となる。世界観や性能などの特徴が詳しく解説される予定で、アウディの新機軸を知るチャンスだろう。アウディからマルクス・ドゥスマン会長や、セールス/マーケティング担当のヒルデガルト・ヴォートマン取締役らが出席予定。e-tron GTの生産や将来のビジョンについて語られる見通しである。

関連キーワード電気自動車Audie-tron GT

関連記事

広告