イーロン・マスク、思考で機器を操作する技術の経過報告 猿がゲームプレイできる?

2021年2月5日 08:31

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

イーロン・マスク氏が頭部に電極を埋め込み、機器を操作する技術に投資をしていることは知られているが、同氏は2月1日に音声SNSであるClubhouseに登場、トークショーを行い脳に埋め込むインターフェイスを開発しているNeuralinkについて近況報告を行った。その中で猿の脳に無線式のインプラントを埋め込み、猿が脳で思考することでビデオゲームを(技術的には?)プレイ可能になったと説明する。ただ今回の話だけでは、実際に猿がゲームプレイに成功しているのかはよく分からない。実際TNWの記事などでは同氏の話は誇大広告の気があると指摘している(GameSparkCNBCGIGAZINETNW)。

なおイーロン・マスク氏は、Neuralinkが2021年末までに人体試験を開始する準備をしているとも話しているようだ。人工知能を人間の脳に移植し、アルツハイマー病やパーキンソン病などの神経疾患を治療するための技術の一環であるとしている(insider)。 

スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | テクノロジー | バイオテック

 関連ストーリー:
話題の音声SNS「Club house」、匿名でSNSを利用している場合は登録に注意 2021年02月02日
13日にバンダイナムコHD株が上昇、イーロン・マスクCEOのツイートが影響 2021年01月14日
イーロン・マスクが資産額1885億ドルで世界一の富豪に、ジェフ・ベゾスを上回る 2021年01月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード人工知能(AI)パーキンソン病イーロン・マスクアルツハイマー病

関連記事

広告