GTX 1650以上のビデオカード、品不足が深刻化 受注も停止との話も

2021年2月1日 16:21

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

秋葉原ではハイエンドビデオカードの入手性がかなり悪化しているようだ。ITmediaの記事によれば、年末からGeForce RTX 3080搭載カードはほとんど流通していないという。RTX 3070搭載製品に関しては比較的流通しているものの、値上げ傾向からRTX 3080に近い価格帯になっているのが一因であるようだ(ITmediaエルミタージュ秋葉原)。

同様にRTX 2070と2060シリーズも払底、GTX 1650より上のクラスの製品は、とにかく製品市場在庫が少ない状態になっているようだ。また、エルミタージュ秋葉原の記事によれば、販売代理店が入荷状況を見通せないとして、現在はショップからの注文を受け付けていないとしている。原因としてはマイニング需要によるものと思われるが、製品があまりに入荷しないことから、半導体不足が影響している可能性もあり、原因の特定も難しい状態である模様。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | ハードウェア | グラフィック | IT

 関連ストーリー:
AMD、ゲーム機やPC用のCPU供給不足は2021年前半まで続く見通し 2021年01月29日
国内外共に自動車業界で操業停止が相次ぐ。半導体不足により 2021年01月18日
TSMCが21年内につくば市に研究センターを構築へ。北九州での製造も検討 2021年01月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード秋葉原半導体

関連記事