Xbox Live Goldの大幅値上げを発表したMicrosoft、その日のうちに撤回

2021年1月25日 08:32

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Microsoftは22日、メンバーシップサービス Xbox Live Goldの大幅値上げを発表したのだが、強い反発を受けて同日中に撤回することになった(Xbox Wireの記事The Vergeの記事Neowinの記事On MSFTの記事)。

Microsoftは当初、サービスの価格を定期的に見直しているが多くの市場で何年もXbox Live Goldの価格を変更していないと説明し、1か月10.99ドル(+1ドル)・3か月29.99ドル(+5ドル)・6か月59.99ドル(+20ドル)または各市場での同等額とする新価格を発表した。6か月の新価格は小売店が販売する12か月メンバーシップの価格と同額になる。既存のオンラインメンバーについては、12か月または6か月の場合は継続する限り変更なし、1か月または3か月メンバーには変更を適用すると説明していた。

しかしそれから14時間52分後、Microsoftは価格改定を全面的に撤回することになる。これについてMicrosoftは、友達同士をつなぎ、ゲームを一緒にプレイできるようにするというXbox Live Goldの機能はゲーミングに欠かせない要素であり、この機能を日々必要とするユーザーの期待に応えられなかったと説明する。価格改定の撤回に加え、Xbox Live Goldメンバーでなくても基本プレイ無料ゲームをXbox上でプレイできるようにする計画も同時に発表した。 

スラドのコメントを読む | idleセクション | ビジネス | マイクロソフト | idle | ゲーム | お金

 関連ストーリー:
Mozilla、有料で拡張機能を宣伝可能にする「Promoted Add-ons」プログラムの計画を取りやめ 2021年01月24日
Google、オーストラリアでのサービス提供を取りやめると脅して法案修正を求める 2021年01月24日
レッドハットがCentOSでの批判を受け、開発・小規模本番ワークロード向けの無償RHELを用意 2021年01月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoft値上げ

関連記事

広告