楽天モバイル、総務省に周波数再編とプラチナバンド割り当てを要求

2020年12月26日 18:01

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

総務省が12月23日に開催した電波政策懇親会で、楽天モバイルがプラチナバンドの再編を求めているそうだ。曰く、現在割り当てられている1.7GHz帯だけでは、割り当てが圧倒的に少なく他キャリアと同等条件で戦えないとするもので、屋内でもつながりやすい「プラチナバンド」の割り当てを総務省に要望したそうだ。楽天の提出した資料は総務省のサイトにアップされている(総務省デジタル変革時代の電波政策懇談会(第2回)説明資料[PDF]ITmediaケータイ WatchEngadget)。

同社はMHzあたりの契約数に加え、利用するデータ量も含めて指標を検討すべきだとし、電波のひっ迫度を指標として再分配してほしいと主張する。総務省の調査結果によると、3キャリアの1契約あたりの総トラフィックは7.3GBであるのに対し、楽天モバイルはデータ無制限のプランを1年間無料で提供していることから15.6GBあるという。2年目からは無料ではなくなるので、この主張もやや強引な気もするが、新規周波数の割り当てでは、新規事業者に対して優先的に割り当ててほしいとしている。 

スラドのコメントを読む | モバイルセクション | モバイル | 携帯電話 | 携帯通信

 関連ストーリー:
MMD研究所、11月の携帯電話料金の調査結果発表。大手3キャリアは平均8000円以上 2020年12月03日
KDDI、楽天モバイルへのローミングエリアを一部終了。東京都は2021年3月末までに停止へ 2020年10月29日
3大キャリア曰くiPhone 12利用には5Gプランへの契約変更が必要。実際にはau以外はほぼ動く 2020年10月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード総務省楽天モバイル

関連記事

広告