原英莉花が逃げ切り完全優勝、女子ゴルフ・リコーカップ

2020年11月29日 17:29

小

中

大

印刷

 宮崎県・宮崎CCで行われていた女子ゴルフ国内最終戦JLPGAツアーチャンピオンシップ・リコーカップは29日、最終日を迎えた。初日から首位を守った原英莉花が3バーディ、3ボギー、トータル10アンダーで逃げ切り、日本女子オープンに続きメジャー2連勝を完全優勝で飾った。

 原は1番をボギーでスタートするも、6番9番とバーディを奪い、前半を1アンダーで折り返す。後半も10番13番とバーディを奪い2位に4打差をつけると、残り5ホールを2ボギーでまとめ安定感のあるゴルフを見せた。

 史上3人目の3週連続優勝がかかった古江彩佳は、首位と6打差の10位からスタートした。6番でバーディを奪うと9番10番と連続バーディ、さらに11番で94ヤードのアプローチがカップインするイーグル。1大会4イーグルはツアー史上最多タイで、日本人では初の快挙。ここで首位に1打差まで追い上げるも、1イーグル、4バーディ、2ボギー、トータル8アンダーの2位でフィニッシュした。

 首位と1打差でスタートした西村優菜は2番のボギー、3番のダブルボギーが響き3オーバー、トータル6アンダーでフィニッシュ。渋野日向子、上田桃子と共に3位タイに入った。

関連キーワードゴルフ(スポーツ)

関連記事

広告

財経アクセスランキング