NY原油:強含みで42.01ドル、世界経済の早期正常化への期待残る

2020年11月19日 07:36

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:36JST NY原油:強含みで42.01ドル、世界経済の早期正常化への期待残る
NY原油先物1月限は強含み(NYMEX原油1月限終値:42.01 ↑0.36)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物1月限は、前営業日比+0.36ドルの1バレル=42.01ドルで取引を終えた。時間外取引を含めた取引レンジは41.30ドル−42.68ドル。米国株式さえない動きとなったが、新型コロナウイルスのワクチン開発が進展しており、世界経済の早期正常化への期待は残されていることから、原油先物は底堅い動きが続いた。《FA》

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 大規模分譲住宅の一戸建てなら充電設備を設置してEV車保有することも可能だ(画像提供:住友林業)
  • 新しくなったアウディ・A5/S5シリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース