KDDI、スマートグラス「エンリアルライト」発売へ 税込6万9799円

2020年11月11日 16:04

小

中

大

印刷

スマートグラス「エンリアルライト」をかければ、自由な姿勢でXR技術を楽しむことができる(画像: KDDIの発表資料より)

スマートグラス「エンリアルライト」をかければ、自由な姿勢でXR技術を楽しむことができる(画像: KDDIの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 KDDIは10日、エンリアル(中国北京市)と共同で開発したスマートグラス「NrealLight(エンリアルライト)」を12月1日から発売すると発表した。5Gのスマートフォンとつないだ軽量なメガネ型の端末をかけると、仮想と現実が融合したXR技術の世界を体験できる。

【こちらも】Googleがスマートグラスメーカー「North」を買収

 グラス内でAndroidのアプリケーションを起動すれば、プライベートなセカンドスクリーンとして使える。グラス内で空間上に映像を映し出すMRモードも実装。100インチ程度の仮想スクリーンを広げることが可能で、動画やゲームを楽しむことができる。

 メガネ型のため自由な姿勢がとれ、「没入感のある立地な映像体験が可能」としている。コンパクトなデザインでメガネのように折りたたみ可能。106gと軽量なのが特徴だ。

 11月11日午前10時に予約を開始。販売価格は6万9799円(税込)。まずは銀座のコンセプトショップで11月11日に先行展示を始め、12月からは全国21カ所のKDDI直営店と、沖縄セルラー直営店での展示を行う。

 個人がXR技術を楽しむだけでなく、法人に向けても提案していく。ARを使った作業マニュアルの表示や遠隔作業支援などのデバイスとして想定している。

 5G時代に向けARやMRなどのXR技術を活用するべく、2019年5月に2社は戦略的パートナーシップを締結。nreal(エンリアル)が開発したスマートグラスをベースに、日本人が使いやすいデザインにカスタマイズ。KDDIが日本国内での供給をするというスキームだ。

 エンリアルのCEO、Chi Xu氏は「スマートグラスは日本で近く大きな市場になる」と予測。「日本における大手通信会社であるKDDIと、この領域で次世代の空間コンピューティングの実現に携われることを大変光栄に思っている」と話している。

 2019年6月には、エンリアルライトを活用した実証実験としてメルカリとも協業。メルカリの類似商品検索アプリを使い、現実世界で気に入った商品を指さすと、メルカリに出品中の類似商品の情報がグラスに表示される。(記事:土佐洋甘・記事一覧を見る

関連キーワードKDDI

関連記事

広告