NY株式:NYダウ834ドル高、新型コロナワクチン開発進展で景気見通し改善

2020年11月10日 07:00

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:00JST NY株式:NYダウ834ドル高、新型コロナワクチン開発進展で景気見通し改善
米国株式相場はまちまち。ダウ平均は834.57ドル高の29157.97ドル、ナスダックは181.45ポイント安の11713.78ポイントで取引を終了した。米大統領選の結果に目処がつき不透明感が一段と後退したほか、新型コロナワクチン開発で大きな前進が見られ、実用化期待に景気見通しが大きく改善し寄り付きから大きく上昇。ハイテク株から景気循環株へのポートフォリオの移行が目立ちダウ平均株価は日中取引で過去最高値を更新した。一方、ナスダック総合指数は下落。セクター別では、エネルギーや銀行が大きく買われた一方、家庭・パーソナル用品が下落した。

製薬大手ファイザー(PFE)はドイツのビオンテックと共同開発中の新型コロナウイルスワクチンの最終治験で、感染、発症を防ぐ有効性が90%以上と発表、今月中に米食品医薬品局(FDA)に緊急使用許可申請すると報じられ急伸。また、バイオのノババックス(NVAX)は同社開発中の新型コロナワクチンがFDAから優先承認審査制度指定を受けたと発表し上昇した。映画館運営のAMCエンタテイメント(AMC)や航空会社のユナイテッド(UAL)、アメリカン(AAL)、クルーズ運営のカーニバル(CCL)などはワクチン開発の報道を好感し軒並み急伸した。銀行のJPモルガン(JPM)やシティグループ(C)は金利の上昇で収益改善期待に急伸。一方で、今まで外出規制の影響で売り上げが急増していたビデオ会議のズーム(ZM)、在宅フィットネス事業を展開するペロトン・インタラクティブ(PTON)は軒並み急落した。

米国10年債利回りは0.97%まで急伸し、3月来の高水準となった。

Horiko Capital Management LLC《FA》

関連記事

広告