映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦主演 - 父子の絆を描いた愛情たっぷりお弁当映画

2020年10月30日 16:26

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 映画『461個のおべんとう』が2020年11月6日(金)に全国公開される。

■渡辺俊美によるエッセイを映画化 - 父子の絆、愛情たっぷりお弁当映画

 ヒップホップバンドTOKYO No.1 SOUL SETのギター&ヴォーカル渡辺俊美によるお弁当エッセイを原作とする『461個のおべんとう』。渡辺が息子のためにお弁当を作り続けたことが話題を集め、それをレシピなどとともにエッセイ化して「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」を発刊。後に漫画やテレビドラマにもなった。

主人公はミュージシャンでありながら息子のために毎日手作りのお弁当を作り続けることを決意するシングルファザー。思春期の息子と向き合いつつも、お弁当を作り続ける奮闘記、そして親子の絆を愛情たっぷりに描いていく。

■『461個のおべんとう』キャスト/登場人物紹介

 映画『461個のおべんとう』のキャストには、主演に井ノ原快彦を迎えるほか、その息子役に関西ジャニーズ Jr.のユニット「なにわ男子」の道枝駿佑が抜擢されるなど、人気キャストが勢ぞろい。本業で歌手として活躍する彼らの、貴重なコラボレーション曲を楽しめるのも本作の見どころだ。

 鈴本一樹 - 井ノ原快彦
人気バンド「Ten 4 The Suns」のギターとヴォーカルを担当。自由奔放な性格。楽観的で周囲を楽しませるキャラ。妻・周子との離婚を機にシングルファーザーとなる。「高校3年間毎日お弁当を作る!」と息子に約束。

 息子・虹輝 - 道枝駿佑
高校受験に失敗。父には高校が全てではないといわれつつも入学を決意。1年遅れて高校に入学したとこもあり、クラスメートとは距離がある。優しいが人気ミュージシャンの父に対して劣等感を感じている。「3年間、休まず学校にいく」と父に約束。

■親子熱唱シーンも

 解禁された場面写真に映し出されたのは、井ノ原快彦×道枝駿佑の親子で同じステージに立ち熱唱するシーン。彼らが歌っているのは、原作者でありミュージシャンの渡辺俊美が、当時4歳だった息子に捧げた楽曲が「Lookin’4」だ。本作の監督である兼重淳が、実際に渡辺親子が歌うステージ姿に感銘を受け、このシーンの実現に至ったという。なお「Lookin’4」の井ノ原・道枝のレコーディングは、渡辺自らディレクションを行っている。

■親子を取り巻くキャスト/登場人物

 仁科ヒロミ - 森七菜
虹輝のクラスメート。お弁当を通じて虹輝と話すようになり、気心の知れた存在となる。ひそかに虹輝には想いを寄せている。

田辺章雄- 若林時英
高校で虹輝と初めて仲良くなる友人。彼もまたお弁当を通じて仲良くなった。虹輝の恋を応援。

 柏木礼奈 - 工藤遥
虹輝の中学の頃の同級生。高校中の男子生徒が憧れるマドンナ的な存在。虹輝が想いを寄せる相手。「太ってるから」という理由で礼奈に振られた人がいると聞いた虹輝はダイエットを決意。一樹のお弁当作りにも影響を与える。

■あらすじ

 長年連れ添っていた妻と別れることを決意した鈴本一樹。父を選んでくれた息子・虹輝が15歳と多感な時期を迎えていた時期の離婚なだけに、一樹は虹輝に対する罪悪感に苛まれていた。そんな時、重なるようにして虹輝が高校受験に失敗したという悪い知らせが届く。これまで自由に生きてきた一樹は、虹輝に対し“学校だけがすべてではない。自由に好きなように育ってくれたらそれでいい”と思っていた。しかし、虹輝の出した答えは「高校へ行きたい」だった。

そして翌年の春、見事に高校に合格。ここで一樹はある質問をした。「学校の昼食なんだけど虹輝はどっちがいいの?お金渡して自分で買うのと、父さんが作るお弁当」「父さんのお弁当がいい」この瞬間「3年間、毎日お弁当を作る!」「3年間、休まず学校へ行く」という“大切な約束”が生まれたのだった。慌ただしい毎日の中、お弁当を通して交錯する父と息子の想い。ライブの翌日も、二日酔いの朝も、早出の朝も...一樹の怒涛のお弁当作りが始まる――。

■作品詳細

 映画『461個のおべんとう』
公開日:2020年11月6日(金)
原作: 渡辺俊美「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」(マガジンハウス刊)
監督:兼重淳
脚本:清水匡、兼重淳
出演:井ノ原快彦、道枝駿佑、森七菜、若林時英、工藤遥、阿部純子、野間口徹、映美くらら、KREVA、やついいちろう、坂井真紀、倍賞千恵子

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード工藤遥

関連記事

広告