映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』3部作4Kニューマスターを特別上映

2020年10月30日 09:02

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』3部作が、4Kニューマスター日本語吹替版&字幕版で2020年12月4日(金)から新宿ピカデリーほかにて順次公開される。

 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズは、数々の名作を残したスティーヴン・スピルバーグとロバート・ゼメキスが手がけるSFアドベンチャー大作。主人公のマーティと、その親友で変わり者のドクが自動車型タイムマシン「デロリアン」に乗って過去にタイムトラベルし、騒動を巻き起こしていく。1985年に1作目が公開され、「PART2」が1989年に、「PART3」が1990年に公開された。

 リバイバル上映のたびに満席が続出するなど、公開以後人気を博してきた『バック・トゥ・ザ・フューチャー』3部作。公開35周年を迎える節目に最新4Kニューマスター化され、より鮮やかな世界観とともにスクリーンで特別上映される。

 また、字幕版に加え、1989年に『日曜洋画劇場』でテレビ放送された日本語吹替版も上映。マーティを三ツ矢雄二が、ドクを穂積隆信が吹き替えた、人気のテレビ放映バージョンが異例にも劇場初公開される。

 加えて、「V8J絶叫上映企画チーム」の協力によりイベント上映も開催予定となっている。

【詳細】
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』トリロジー 特別上映
公開日:2020年12月4日(金)~
公開場所:新宿ピカデリーほか順次
上映作品:『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』

■映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズ

監督:ロバート・ゼメキス 製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ
脚本:ロバート・ゼメキス/ボブ・ゲイル
撮影:ディーン・カンディ 音楽:アラン・シルヴェストリ
吹替版演出:左近允洋 翻訳:たかしまちせこ

■PART1 キャスト※1989年2月5日放送『日曜洋画劇場』版吹替キャスト

マイケル・J・フォックス(マーティ・マクフライ):三ツ矢雄二
クリストファー・ロイド(”ドク”エメット・ブラウン):穂積隆信
クローディア・ウェルズ(ジェニファー・パーカー):佐々木優子
リー・トンプソン(ロレイン・マクフライ):高島雅羅
クリスピン・グローヴァー(ジョージ・マクフライ):古川登志夫
トーマス・F・ウィルソン(ビフ・タネン):玄田哲章

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード古川登志夫新宿ピカデリー

関連記事

広告