NY原油:大幅続落で36.17ドル、需要減少観測は後退せず

2020年10月30日 07:32

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:32JST NY原油:大幅続落で36.17ドル、需要減少観測は後退せず
NY原油先物12月限は大幅続落(NYMEX原油12月限終値:36.17 ↓1.22)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物12月限は、前営業日比-1.22ドルの1バレル=36.17ドルで取引を終えた。時間外取引を含めた取引レンジは34.92ドル−37.76ドル。29日のニューヨーク市場の序盤で原油先物は34.92ドルまで一段安となった。原油需要の減少観測は後退していないことから、36ドル近辺でストップロスの売りが執行されたようだ。ただ、米国株式の反発を意識して時間外取引で36.50ドルまで戻している。《FA》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 宇宙からのライブ配信によるカウントダウン映像の想像図 (c) KIBO宇宙放送局
  • (c) 123rf
  • 「魔女がいっぱい」(c) 2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
  • 「日産ギャラリー ウインターイルミネーション2020」で展開される「クリスマスデコレーション I2V SPOT」(画像: 日産自動車発表資料より)
  • 「ランキング通知」の画面イメージ。(画像: LINE証券株の発表資料より)
  • 新型ソリオ発表会の様子。(画像: スズキの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース