ライフ RSS

 

BBCのソープオペラ『The Archers』でリアルなイギリス英語を学ぼう

2020年10月28日 11:00

小

中

大

印刷

 毎日10分や15分ずつでも英語に触れることが、英語学習において最善の方法であることには間違いない。ただ、どんな方法で英語を生活の一部にするかは人によって違うだろう。毎日決まった時間に机に向かって一心不乱に勉強できるならそれでもいいが、ここではもっと気楽に生のイギリス英語に触れる方法をお伝えしたい。それは、ラジオのソープオペラを聞くことだ。

【こちらも】ニュースを素材にリアルなイギリス英語をやさしく学べるポッドキャスト

■世界最長寿ラジオドラマ『The Archers』

 ソープオペラとは日本で言ういわゆる昼ドラのようなものだが、通常、1つのロケーションを舞台に、特定の決まった登場人物たちの日常を描くことに焦点が当てられている。

 イギリスのソープオペラと言うと、『EastEnders(イーストエンダーズ)』や『Coronation Street(コロネーション・ストリート)』といったテレビドラマも非常に有名だが、生活の一部に取り入れやすいのは音声だけのラジオドラマだ。そのなかでも特におすすめなのが、BBC Radio 4で放送されている『The Archers(アーチャー家の人々)』である。

 特に『The Archers』をおすすめする理由はいくつもある。単に史上最長の長寿ドラマだからというわけではない(1951年放送開始)。これまでの放送回数が2万回近くというとんでもない規模なので、今から後追いで全貌を把握しようというのも無理な話だ。そもそもそういう性質のドラマではなく、始まりもなく終わりもないため、お馴染みの登場人物たちの日常をずっと追っていくのが醍醐味であり、いつから聞き始めてもその世界に入っていけることが魅力なのである。

■イギリス英語のさまざまなアクセントが楽しめる

 『The Archers』は、Ambridgeというイギリスの片田舎にある架空の町を舞台に、そこに住むArcher家とその周辺の人たちの日常生活を描くドラマだ。現在は月曜から木曜まで毎週4話放送されており、1話は約13分と手ごろな長さになっている。

 英語学習の観点でおもしろいのは、イギリス英語のさまざまなアクセントが聞けるところだろう。かといって、訛りがきつくて聞き取れないということはなく、クリアな発音でアクセントの違いを楽しめるのである。

■イギリスのリアルな日常生活を英語で

 英語のラジオドラマを楽しむと言うと、少々ハイレベルに思えるかもしれない。ただ、『The Archers』の場合、BBCの公式サイトに詳細なキャラクター紹介や1話ごとのプロットサマリーが掲載されているので、ストーリーを追うこと自体は難しくない。何週か聞き続ければ、その世界観にもしっかり馴染めるだろう。

 また、現実世界の状況ともリンクしており、2020年では新型コロナウイルスのことなど、リアルタイムなトピックがストーリーに反映されるため、イギリスの田舎に住む人たちのリアルな生活を垣間見るようで、興味を引き付けられる。

 番組はラジオのほかに、BBCのサイトとポッドキャストでも聴取できる。気になった回は何度でもリピートして聞けるのがうれしい。また、その週の話をまとめた「Archers Omnibus Podcast」という75分間の番組もあり、こちらもポッドキャストで聞けるのでどっぷり『The Archers』の世界に浸りたい人は要チェックだ。(記事:ムロタニハヤト・記事一覧を見る

関連情報

関連キーワードイギリスラジオ

関連記事

広告