ライフ RSS

 

意外に多いアメリカ英語とイギリス英語の違い!? 代表的な単語・フレーズ5選

2020年10月21日 11:34

小

中

大

印刷

 日本人が英語を学ぶ際に戸惑ってしまうのが、アメリカ英語とイギリス英語の違いである。発音も違うが表現の違いも意外に多いものだ。今回はアメリカ英語とイギリス英語で意味が異なる単語・フレーズ5選をピックアップして紹介する。

【こちらも】アメリカ英語 vs. イギリス英語 勉強するならどっち?

■flat

 アメリカ英語での「flat」は「パンク」で「a flat tire」で「パンクしたタイヤ」のことである。ところがイギリス英語になると全く別の「アパート」の意味になる。「This is my flat」で「ここが私の家(アパート)」になる。アメリカでは「an apartment」となるので気を付けよう。

■first floor

 文字通り建物の1階のことだがイギリスでは注意した方が良い。なぜならイギリスでは日本・アメリカの1階にあたるのは「ground floor」だからだ。Ground floor から1st、2ndと続く。イギリスでは2階に行ったつもりが3階だったということが無いようにしよう。

■holiday

 日本でもお馴染みの単語「ホリデー」。休日という意味でイギリスでも同じように使われるが、アメリカでは少し異なる。アメリカ英語での「holiday」はクリスマスや独立記念日等の「national holiday(国民の休日)」のことである。したがって土日の休みを「today is my holiday.」とは言わない。

■toilet

 日本語のトイレはイギリス英語から来ている。アメリカで「Where’s the toilet?」と言うと「便器どこ?」となってしまうので不自然に聞こえてしまう。「Where’s the bathroom / restroom?」と表現すると良いだろう。

■take out

 日本ではファーストフード店等で「テイクアウト」と言うが、イギリス・オーストラリアでは「take away」と言う。更にアメリカでは「to go」を使い「Would you make it to go?」等と表現する。

 今回紹介したフレーズ以外にもまだまだ沢山ある。更に発音、表現の違いの他にスペルの違いもある。例えば「center」という単語はイギリス(その他のクイーンズイングリッシュ地域)では「centre」となる。アメリカ英語とイギリス英語の違いを見つけることで、それぞれの文化の違いに触れることができるかもしれない。(記事:newpowersoul・記事一覧を見る

関連キーワードアメリカイギリスオーストラリア

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 宇宙からのライブ配信によるカウントダウン映像の想像図 (c) KIBO宇宙放送局
  • (c) 123rf
  • 「魔女がいっぱい」(c) 2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
  • 「日産ギャラリー ウインターイルミネーション2020」で展開される「クリスマスデコレーション I2V SPOT」(画像: 日産自動車発表資料より)
  • 「ランキング通知」の画面イメージ。(画像: LINE証券株の発表資料より)
  • 新型ソリオ発表会の様子。(画像: スズキの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース